ローチーズケーキやローチョコパイを固める秘密

学生時代、師匠の演奏会や友人にフロランタンやバターケーキ、チーズケーキを焼いてプレゼントすることが大好きでした。

しかし、英国ですっかり非加熱のraw foodや小麦粉を使わないgluten freeのお菓子に魅了されてしまい、今やもっぱらヴィーガン&グルテンフリーのお惣菜やお菓子研究が最大の趣味に。

こちらはかぼちゃ(蒸しているので完全Rawケーキではないですが)とココナッツミルク、レモン汁、蜂蜜などで作ったチーズケーキです。

Rawケーキは焼かないため、固めるために大量のココナッツオイル(冷やすと固まる性質を利用して)を使用しますが、同時に脂質が多くなることがデメリット。そんな時、私は「寒天」を利用して脂質を抑えて固めます。

ココナッツミルクと寒天粉をお鍋に入れて1分くらい煮溶かしてから使います。寒天が多いと溶けるような口溶けにならないので、ケーキ一つに小さじ1/2くらいを目安に入れます。
因みに、寒天は海藻が原材料のノンカロリー食材。食物繊維も豊富で腸のお掃除係です。

さて、こちらはローチョコレートパイ。豆腐とビターチョコレートが主な原材料のスーパーヘルシーケーキです。こちらはチョコレートの「カカオバター」による、冷やすと固まる性質を利用します。

ローケーキは一見難しそうに思えますが、ブレンダーで混ぜて冷やして固めるだけなので、一般的なお菓子より簡単です。また、様々にアレンジが効くので想像力を巡らせて作ることが楽しみです。
外出を控えお盆休みは、お墓参りの行事以外、ローフード作り・読書・時々乗馬や野菜収穫が繰り返される穏やかな毎日、退屈といえば退屈ですが、幸せといえば幸せです。「本当の豊かさ」とは何だろう、そんなことを考えさせられる日々です。

こちらはビーツのムース。

コメントを残す