全米で最も予約が取れないレストラン「シェパニーズ」へ

エココンシャスな街、バークレーに来ました。
バークレーと言えば、全米に「美食の革命」を起こしたアリス・ウォータース氏のレストラン「シェパニーズ」があることで有名です。
 
地産地消を提唱し、世界初のオーガニックレストランを実践した人です。
 
電話が繋がらず、アポなしで訪れてみたところ「いっぱいです」オーマイガー!!
 
(訳あって地図が読める相棒と分かれ)歩き疲れた私は寂しげに「ではタクシーを呼んでください」と伝えると「そこで待ってて。」と。
数分後、時間制限付きで中へ入れてくれました!最高にラッキー!
 
お料理(昼間はアラカルトの注文可)は素材の生かし方や火の入れ方が絶妙でとても美味しかったです。
見た目はシンプルなのに、こんな美味しい料理はそう出会ったことがありません。
トッピングのアーモンドのロースト加減やチーズの薄さが絶妙。驚くほど美味しいサラダでした。
 
 
毎朝手打ちのパスタ。超アルデンテで手作りの粗めのバジルソースが美味しい!
 
 
アリスのレシピ本は日本でも出版されています。
 
 
その他にバークレーでは、地元のフルーツでジャムやシロップを手作りしている人のアトリエやオーガニックパン屋、カフェに行きました。
ジェーン・テイラー氏のアトリエ。100%ハンドメイドのコンポートやジャム、シロップが有名。
 
 
地図とバスが苦手な私は、コンパスを味方に方角と通りすがりの優しそうな人だけを頼りに街を散策しました。歩行距離16km!
方向音痴が治らないかと毎回願う海外旅です。

コメントを残す