地中海沿岸原産のハーブ「ボリジ」を用いて ローパスタ(Raw Pasta)作り

皆さま、ボリジというハーブをご存知でしょうか。
地中海を連想させる美しいブルーの花を咲かせます。
 
なんとも言えないこの爽やかで淡いブルー。昔は、絵を描く時マリア様の洋服の染料として使われたのだとか。
 
私は色はもちろん、可憐な咲き姿にも心を奪われ、毎朝の収穫が楽しみで仕方ありません。
 
 
そんなボリジを用いて最近よく作る料理がローパスタ。
非加熱のパスタです。
 
ロー(Raw=非加熱)パスタでは、きゅうりやズッキーニの千切りがパスタの代わりです。ヘルシー!
その上に自家農園で採れたハーブをたっぷり乗せて、
ナッツを使ったこれまた手作りローソース3種をかけていただきます。
 
 
ローソースはこちら。
●カシューナッツのホワイトクリームソース
●ドライ&フレッシュトマトソース
●シソのジェノベーゼソース
 
 
ここ数ヶ月の週末はナッツ料理開発に夢中です。
そして、ベジタリアン料理やローフード、オーガニック、グルテンフリーメニューの最先端を行っている街と言えば米国は西海岸🇺🇸サンフランシスコではないでしょうか!
 
ということで、今年の夏休みはサンフランシスコでオーガニックやナッツの新事情を学んで参ります♪♪
 
 
話が戻りますが、ボリジは一年草。
今年の9-10月に種を植えて芽が出たら、冬を越させて来年の春に苗を地植えします。
たくさん育てるつもりなので、苗が欲しい方、来年の春頃Bardonへ遊びにいらしてくださいませ^^
お客様へはプレゼントいたします
 
Bardon株式会社 勝田佳捺絵

コメントを残す