群馬県片品村「エコロヴィレッジ」へ

9月後半は2週連続で群馬県片品村の「エコロヴィレッジ」に行きました。
 
エコロヴィレッジは自然と共生しながら有機的で循環型の社会を体験できる場所です。分かりやすく表現してみると、人と自然が豊かに共生しているオーガニック村、でしょうか。
 
倒れていた築200年(江戸時代)の古民家を神田隆先生が改装しました。
神田先生と言えば、日本版のターシャ・テューダー。これまで素晴らしいガーデン設計を存じ上げていたのでお目にかかれてとても嬉しかったです。
(左:神田先生 中央:イギリス風のパブ 左:自然に吹き上げる噴水)
 
 
さて、こちらでは宿泊やグリーンツーリズム(自然体験)を通して、神田先生のお話を伺いながら本当の意味での「オーガニック」を学び、体験できます。
 
 
私が体験したグリーンツーリズムはこちら。
 
 
まずは、秋と言えばきのこ狩り!
2,3%の確率でしか遭遇できない天然の舞茸を発見し収穫。
 
見つけた瞬間、嬉しくて舞い上がってしまうから「舞茸」という名前がついているそう。
 
 
舞茸と一緒に記念撮影。
神田先生は当初、27歳の私を中学生と思われていました。
休暇中はお化粧をしないからという理由もありますが、それでも、10歳近く若く見られたことは素直に嬉しく、抗酸化物質を豊富に含むナッツのお陰で老化が遅れているのか、と心の中で喜びました。
 
 
 
さて、こちらのグリーンツーリズムはヤギの乳搾りとチーズ作り。
ヌヴィアンという極めて珍しいヤギのリボンちゃん、貴重なミルクをありがとう。
 
 
そして、最後のグリーンツーリズムは山の中を神田先生のガイドで散策。
 
私が木の実を扱っていることを考慮して、十数種の果樹の場所をご案内していただき、また和ぐるみやハシバミ(ヘーゼルナッツ)、栗など、本やインターネットでは学べないことをたくさん教えて頂きました。
 
同時に、自然と生き物と共生しながら、この大自然の地に手を加えて美しい村を作り上げた神田先生を心から尊敬しました。
私も「自然を大切にしたい」、「できる限り環境に負荷をかけないライフスタイルを送ろう」と誓いました。
 
 
さあ、ここでの醍醐味はやはり「食」!
とってもおいしいのです。循環型の自給自足の場所ですので、食料はほとんどここで採れたもの。
 
採れたてオーガニックのガーデンサラダ
 
 
 
自家製トマトソースとナスのパスタ(グルテンフリーで作っていただきました)
 
 
 
産みたて卵のオムライスなどなど。
全部幸せのおいしさで優しい味です。
 
 
 
 
 
また、ここの名物のひとつがクリームティーセット。
 
産みたての有精卵と搾りたてヤギミルクのスコーンにクロテッドクリームと自家製ジャム、紅茶が付きます。
私は英国留学中、どこのスコーンがBESTか一人で調査していた時期があり、スコーンには厳しいです。こちらは、卵が入っているのでふんわり、でもスコーンの硬さも感じられる素晴らしいバランスの逸品です。なにより焼き立てでご提供くださるので、香りが最高!普段はグルテンフリーで小麦は食べない私もここに来ると必ずスコーンをいただきます。紅茶とスコーン、極上の幸せです。
 
大きな窓が特徴的なお部屋に宿泊。アンティーク家具にうっとりです。
 
宿泊してゆっくり過ごすのがおすすめですが、日帰りでも十分楽しめます。
ここでの生活は一日がとても長く感じ、また、生きている喜びを実感します。
大自然の力は計り知れません。
皆さまに自信を持っておすすめいたします。
 
Bardon株式会社 勝田佳捺捺
 

コメントを残す