国産アーモンド収穫

こんにちは♪Bardonの勝田佳捺絵です。
9月初旬、山梨県で無農薬・無化学肥料でアーモンドを栽培されている「リッキーランド」さんに行って参りました!
ナッツ研究の第一人者である井上浩義先生に同行させていただき、人生初の貴重なアーモンド収穫を経験して参りました。
アーモンドはバラ科であんずや梅をイメージして頂くとわかりやすいかもしれません。
ですので、お写真のように果肉があり、その中に核(硬い殻)があって、仁(アーモンド)があります。
果肉の内側が真っピンクですが、これはポリフェノールなのだそう!
私はこの果肉をオリーブ油で炒めて頂きましたが、とっても美味しかったです♪
それにしても日本でアーモンドが育つのですね。
アーモンドは虫が付きやすく、無農薬で栽培するのは苦労の連続だったようです。
しかし、循環型を目指し、自分たちの都合だけで物事を考えない姿勢に心から感動しました。
地球は人間だけのものでなく、その他全ての動物や植物が暮らす場所。
これからも環境や自然と調和したものを皆様にお届けできるよう努力して参ります。
★お写真ご覧ください。アーモンドが一つ一つ袋掛けされています。ぶどうと同じように、実を虫や傷から防いでいるようです。アーモンド、繊細です。

コメントを残す