バルセロナへナッツ視察

ナッツ

私が特に好きなナッツ、それは、スペインのマルコナアーモンドとカタルーニャ産のクルミです。カタルーニャ産のクルミに関しては前回のスペイン旅行からその味が忘れられず、新たなスペインナッツ開拓の目的も含めて、先週バルセロナへ調査に行って参りました!

事前にお店を絞り、計30種類のナッツを購入しました。大変めずらしいスペイン産のピスタチオやヘーゼルナッツとも出会い、いまだ興奮が鳴りやみません。カタルーニャ産のクルミは、11月~シーズンのようで残念ながら新物は購入できませんでした。Raw Barに使うナッツを自力で輸入かなり難しいですが、諦めず、長期的なスパンでコツコツ頑張っていこうと思います。今回の出張はその第一歩となる大変貴重な調査となりました。

 こちらのお店は正に”業務用”。フランス映画『Amelie』の主人公 アメリが穀物袋に手を入れるシーンが撮れそうなお店です。

 創業1851年 バルセロナの老舗ナッツ屋さん。親切に色々と教えてくれたマルクさん。魅力的な商品が多く、お店ごと食べたい。。

 創業当時から使われているナッツの焙煎機。焙煎の様子を見せてくださり、焙煎したてのスペイン産ヘーゼルナッツを頂きました。おいしさに感動!

 こちらのお店もなかなか味がありました。ただ、店主のおじさんが怖いこと怖いこと。びびりながらもおいしいカタルーニャ産クルミをゲット。

 バルセロナから飛行機で1時間弱、マヨルカ島まで足を延ばしました。2月頃になるとアーモンドの開花が始まり町一面が白い絨毯のようになるそうです。マヨルカ島のアーモンドもゲット。

 仕事とはいえ、少しビーチでくつろぎの時間も。時々、ボーとして自分の心の中に隠れてる答えを探します。

今回の調査では、インターネットで全てをこなせてしまう世の中でも、行かなくては得られない・見つけられないすばらしい価値が世界には無限にあるということを再認識できました。さて、また明日からRaw Barの試作品作り頑張ります!

最後に今回の旅で出会い、私の心を打ったメッセージで締めます。読んでいただきありがとうございました

The journey of a thousand miles begins with one step

コメントを残す