Kanae Barパッケージと中身

 

 

「役に立たないものや、美しいとは思わないものを家に置いてはならない」

— ウィリアム・モリス

こちらは、ウィリアム・モリスの名言です。
 
19世紀末頃誕生した、産業革命の結果としてあふれた粗悪品を否定して、中世の手仕事に芸術本来の在り方求めた「アーツ・アンド・クラフツ運動」。
 
職人による手工芸の復活と、装飾としてのデザインではなく「生活」と「芸術」を統一した美しい暮らしを主張しました。
 
 
私は普段の生活の中に「美しさ」を求めるこの考えに共感し、流行に流されるのではなく、日常で使うもの・身に付けるものこそ良いものを、そして長く、と心がけています。
 

さて、Kanae Bar は(全てではないですが)そのアーツ・アンド・クラフツ運動の中で生まれたパターンがパッケージになっています
また、時代や芸術様式は異なりますが、全てが「手書き」の図像から起こしたこだわりのパッケージです。
 
中身のカナエバーも100% pureなハンドメイド製品。外と中身の理念が同じでありたい、という想いを込めています。
 
以前、たくさん食べて満足するのではなく『良いものを少し』という考えを おだしの「うね乃」さんに教わりました。
この考えはフードロスを減らすための大事な価値観の一つだと思い、私も心がけて生活しています。