シューマンの言葉

こんにちは♪ 勝田佳捺絵です。

 

ドイツの偉大な作曲家 シューマンが子供の栄養について書いた文が残っています。

「ビスケットやお菓子のような甘いものでは、子供を健全な大人に育てられない。精神の糧も肉体の糧と同じく、素朴で力強くなければならない。大家と呼ばれる人は、このことに充分気を配っていた。こうした栄養を取ること。-」

これはローベルト・シューマンが若い人たちのために書いた「音楽家の座右銘」というもので、岩波文庫・シューマン「音楽と音楽家」(吉田秀和訳)に載っています。

近年、特に欧米で子供達の肥満や白砂糖の取り過ぎによる不健康が問題視されていますが、今から約150年も前にシューマンは警告し、助言していたとは驚きです。

しかし、甘いものを断つのは心苦しいもの。
ましてや健康管理に関心が低いお子様にとっては、理解し難いことです。

そんな時は、自然の甘みお菓子を徐々に増やすことをおすすめします!

例えば、Bardonのドライフルーツミックス

最もおすすめの食べ方は無糖ヨーグルトに一晩漬け込む。

この濃厚さと甘みはフレッシュフルーツを優に超します。

もっと言ってしまえば、

☆どのフルーツを
☆どのくらいにちぎって
☆どのくらいの間ヨーグルトに漬け込む

かも全てお子様に考えてもらうと『自分で選択する!』という教育になるかもしれません。

そして、おいしくつけ込めたら最高に褒めてあげてください♪

最後はシューマンの言葉で締めくくります。

「およそ派手なばかりで内容のない売物は、時代と共に流れてしまう。技巧は、より高い目的に奉仕しているときだけ、価値がある。」

価値ある商品をいつも目指し、今後も努力して参ります!

コメントを残す